「桂蔵坊」ダイアリー

北陸に生息する狐男、「桂蔵坊」の生態を記録するブログ。

林道マスツーリングの心得。

最近、林道ツーリングイベントを主催する機会が増えてきたのと同時に、
オフ車に乗り始めて間もないビギナーさんも増えてきたので、
ここらへんで一度、林道ツーリングに参加する上でのルールというか
マナーみたいなものを明確化して、情報共有をしておきたいと考えました。

現地で毎回口頭で説明するのもメンドクサイ上手く伝わらない
可能性が高い気がするので・・・。

私もまだまだ経験不足な立場ですが、一読して頂けるとありがたいです♪

以下が、私が考える現時点での「林道ツーリングの心得」です。

①集合時間は守ること♪

 当たり前な事ですが、遅刻しそうだったり、やむを得ず欠席する場合は、
 主催者に連絡して下さい。
 体調やバイクの調子が思わしくない時は遠慮なく欠席して下さい。 
 給油は、集合前に済ませておいてもらえると出発がスムーズになります。

②まずは挨拶♪

 初対面の人には自己紹介も。
 これも当たり前の事のようですが、顔見知りのメンバーとのお喋りに夢中に
 なって、挨拶&自己紹介が疎かになっているシーンが散見されます。
 特に初参加の人がいる場合は、常連メンバーの方から気を利かせて声をかけて
 あげるのが常連としての務めでしょう。

③いざ出発♪

 ほとんどの場合、集合場所から林道入口までの移動は、国道や県道などの
 一般道を走行する訳ですが、隊列が長くなりすぎると 信号ではぐれたり、
 一般車の迷惑になったりするので、なるべく「千鳥走行」を心がけるように
 して下さい。

④いよいよ林道ツーリング♪

 ここからが本題。
 ベテランとビギナーが混ざってのツーリングでは、前者と後者では平均的な
 速度域が違いますので、当然のごとく車間距離は広がります。
 ここで多くのビギナーさんは、引き離されまいと、必死になってスピードを
 上げようとしてしまいがちですが、それは「タブー」だと思って下さい。
 無理をして怪我や事故をされるのは困ります。
 遅れるのは、ビギナーさんの権利です。
 ご自身の技術に合った、無理のない走りで楽しんでもらうのが本来の目的です。
 引き離されて道に迷ったらどうするんだ?と思われるかもしれませんが、
 そうならないために、私が主催するツーリングの参加者全員には、
 以下の義務を負っていただきます。
 
 それは、「後続がついてきているかを確実に確認すること」

 ベテランさんも楽しく走りたいでしょうから、終始ビギナーさんのペースに
 合わせて走れとは言いません。
 ただ、進路を間違えそうな分岐点では、必ず停まって待ってあげて下さい。
 分岐点で全員揃ってからの再出発が理想ですが、スペース的に全員がそこに
 停車するのが厳しい場合は、後続が追いついた時点で再スタートしてもらって
 構いません。
 ただし、追いついた人は、さらにその後ろの後続車が追いついて来るまでは
 その場に待機。・・・というように、リレー方式?で後続車が進路に迷わないよう
 道標としての役割を果たしてから再スタートしてください。
 それでも万が一、どっちに進んだか分からなくなった場合は、無闇に走り回らず
 「確実に先行車が通ったルート上で待機」していて下さい。
 はぐれた事は必ず先頭に伝わり、そのうちに戻って来ますので、安心して
 待っていて下されば結構です。

⑤林道走行の注意点♪

 林道とはいえ一般道です。
 なるべく左側走行を心がけ、ブラインドコーナーでは減速して対向車に
 備えましょう。
 一般車両や登山者、山菜採りや林業関係者など、意外と林道にも人はいます。
 もし出会ったら、フレンドリーな対応で接していただけると、オフローダーの
 社会的地位の向上になります(笑)

⑥アタックのルール♪

 激坂の上り・下りや、ガレ場等をアタックする際は、前の人がクリアしたのを
 確認してからスタートするのが望ましいです。
 前車がスタックや転倒した時、車間が詰まっていたらどうなるでしょう?
 共倒れでリカバリーが困難になるという程度で済めば良いですが、
 最悪の事態を招く可能性もありますよね? 

以上が、私が考える「林道ツーリングの心得」です。

少々、堅苦しく感じるかもしれませんが、参加者全員が笑顔で帰宅できるよう、
ご理解とご協力をお願いしたいと思います。

この記事に関して、ご意見やご指摘があれば、遠慮なくコメント下さい。
コメントを基に、より実践的なノウハウとして活用できるよう、精査して
いきたいと思います。

デジタルタコメーター

みなさん、こんにちは。

1ヶ月おきのブログ更新です(笑)

 

タイトル、そして下の写真の通り、デジタルタコメーターを取付けてみたのであるが、実は取付け位置の決定と、電源ケーブルの取り回しに時間と気力を大幅に費やしてしまい、肝心のパルス検出線は宙ぶらりんのまんまなのであった(笑)

 

f:id:keizoubou:20191013155303j:plain

 

パルス検出の方法として最も簡単なのは、検出線をプラグコードに巻き付けるという手法なのだが、それだと検出線の固定方法は、ビニールテープ等で巻いて固定するしかなく、なんだか見苦しい上に、耐久性にも疑問が残る。

なので、ピックアップコイルからの配線に検出線を割り込ませる方法を採用してみようと思う。

 

という訳で、次回に続く

 

やっとこさキャブセッティングの泥沼から脱出か?

本日のバイクメンテナンスは、バッテリー上がりからのスタート(笑)
先週、町内の夏祭りの翌日、宿酔いの状態でキャブをいじった際、メインスイッチ入れっぱなしに気づかず作業終了、キーも刺しっぱなしで放置しちゃってたのが原因・・・(;≧ڡ≦)ゞ
 ・・・って事で、充電しながらAmazon Primeで映画を1本鑑賞してから、いよいよ本題のキャブセッティングの作業へ・・・。
 
以前から、排ガスが臭い・煤が多い・エンジンが温まるとアイドリングせずにエンストしてしまうという、燃調が濃い症状が出ており、これまでジェットの交換や吸気系をいじりながら悪戦苦闘していたのであるが、どうにも上手くいかなかった。
 ・・・のであるが、今回この泥沼からようやく脱出できそうな気配なので、ちょっと記事にしてみようと思った次第である。
 
因みに我がXTZ125のキャブは、純正の「BS25」から定番のミクニ「VM26」に換装してある。
 一般に「VM26」というと、セッティングがし易く(緩く)、多少ズレたセッティングであっても、なんとなく走れてしまうキャブである、という世間一般の評価なのであるが、何故か私の場合、走る事は走るのだが、どう足掻いても「濃い」症状が治まらない。
 
同じXTZ125で「VM26」を取付けている方々のブログなどを見ても、だいたいがメインジェット#160~#180、スロージェット#15~#20、ニードルクリップ2~3段目ぐらいの範囲でセッティングが出ているようなのだが、私の場合、メイン#140、スロー#10、ニードルクリップ1段目でも、まだ「濃い」のである。
これはキャブではなく、吸・排気系の問題か?とも思い、シート下の吸気ダクトを外してみたり、エアクリーナーボックスに穴を追加で開けたり、サイレンサーのインナーバッフルを外してみたり、試行錯誤を繰り返しても、一向に改善されず、いよいよお手上げか・・・。
・・・と思い始めた時に、ピーン!と閃いちゃったのである。
 
この時の私を、もし第三者が目撃していたならば、私の頭上には煌々と光り輝く豆電球が見えたに違いないであろう!(笑)
分かってしまえば何て事は無いのであるが、意外と気づかないものである。
そんなのは私だけかもしれないが、今後、私のような悩める子羊が生まれないように、ここに記しておく事にする。
 
ミクニVM26は、「SP武川」「キタコ」の2社が販売しており、それぞれ内部の構成が違っていて、武川はメイン#190、スロー#22.5に対し、キタコはメイン#150、スロー#15となっている。これは分かっていた。
 
そして、どのみちジェットは変更するのだからどっちでも良いや。・・・と、安い方の「キタコ」を選んだのが、記念すべき泥沼への第一歩であったのだ。
 
別に安い「キタコ製」の品質が悪いという訳ではない。
ジェットがメインとスローのみだと思い込んでいた私の不徳の致すところである。
 
そう、ジェットニードルとニードルジェットも2社では異なる番手が使用されており、しかも「SP武川」の方が「薄い」セッティングなのである。
 
これに気づいてからの私の行動は迅速であった。
出先であるにもかかわらず、スマホから「SP武川」のジェットニードル・ニードルジェットを速攻でポチり、その到着を今か今かと一日千秋の思いで待ちわび、やっと到着したのが昨日の事である。
 
そしていよいよ作業日の今日!
 
 
 
 
バッテリー上がりで始まるのあった(笑)
 

 

 

SP武川 キャブレター ミクニ VM26 03-03-0321

SP武川 キャブレター ミクニ VM26 03-03-0321

 
SP武川 ニードルジェット (VM26) 032-00-013

SP武川 ニードルジェット (VM26) 032-00-013

 
SP武川 ジェットニードル (VM26) 032-00-007

SP武川 ジェットニードル (VM26) 032-00-007

 

 

リュックの中身 その3

みなさん、こんにちは。

 

ツーリングの際、リュックに入れているブツの紹介もこれで3回目である。

さて、校長先生ばりの中身のない長い挨拶は抜きにして、さっそく本題に入るとしよう。

 

 ・・・の前に(笑) 

自分がメインに走っている林道という環境において、何が怖いかというと、①に大怪我、②にガス欠、③にマシントラブルである。

・・・と思う。

の大怪我というのは、以前に紹介したファーストエイドキットでも対処し切れない怪我の事である。

は自己管理で予防できるが、なってしまったらもうお手上げである。

のマシントラブルは、これも以前紹介した車載工具で対処し切れなかった場合である。

①②③のいづれも、林道=山中で発生してしまったら、救急車やロードサービスなんぞは当てにできず、運良く通りすがりの同志か、山菜ハンターでも現れない限りは、詰んだも同然なのである。

 

さて、今回は自身で対処できる方のマシントラブルという事で、山中でのパンク修理をセルフで行うために、私が常にリュックに忍ばせているツールを紹介しよう。

 

f:id:keizoubou:20190801215105j:plain

 パンク修理セット

以下、内容物を紹介していきたい。

 

 

f:id:keizoubou:20190801214942j:plain

予備チューブ

フロント用21インチのタイヤチューブを1本だけ常備している。

リアがパンクした時もこの21インチチューブを無理矢理18インチタイヤに突っ込んで帰還するのである。

リア用の18インチチューブはフロントの21インチタイヤには対応できないが、逆に21インチのチューブを18インチのタイヤに入れる事は可能なのだ。

大は小を兼ねるとはよく言ったものである。

 

f:id:keizoubou:20190801214811j:plain

タイヤレバー

これが無いとホイールからタイヤが外せない。

 

f:id:keizoubou:20190801214832j:plain

空気入れ

これが無いとチューブに空気が入れられない。

 

f:id:keizoubou:20190801214911j:plain

エアーゲージ

これが無いと空気が入ったかどうか判らない。

 

f:id:keizoubou:20190801215003j:plain

パッチラバー・ゴム糊・サンドペーパー

基本、チューブごと交換しちゃうので、これらの出番は少ないのだが、ごく稀にタイヤレバーでチューブに穴を開けちゃった時のために(笑)

 

f:id:keizoubou:20190801215020j:plain

ビードワックス&スポンジ

あると作業が捗るかも。

 

f:id:keizoubou:20190803214626j:plain

エマージェンシーサイドスタンド

車体のサイドスタンドとの併用で、前後いづれかのタイヤを浮かし、車体を寝かせずともホイールの脱着ができるツールだが、山中ならば枝や切り株、岩などを利用して同様の事ができると思わなくもない。
スチール製のため、ちょっと重たい。

 

f:id:keizoubou:20190803215938j:plain

タイヤバルブ誘道具

リムのバルブ穴にバルブを通すときのイライラを解消。

虫回しも付属。

 

f:id:keizoubou:20190801215043j:plain

収納

建築作業用防塵ゴーグルのセミハードケースが、なぜか家にあったので、収まる物はそれに収納している(笑)。

 

f:id:keizoubou:20190803221115j:plain

虫回し付きバルブキャップ(画像は拾い物)

リュックの中身ではないのだが、パンク修理関連という事で。

フロントタイヤのバルブキャップはコレを装備している。

 

 

以上がパンク修理のセット内容だが、正直これがリュックの重量増に大いに貢献していると言っても過言ではないのだが、かと言って背に腹はかえられもせず、仕方なくこれらを背負って林道へ赴く日々なのである。

  

以上、今回も最後まで読んで頂き、恐悦至極に存じます♪